碧南ロータリークラブ
クラブ紹介事業計画表会員一覧週報スケジュールリンク会員ページお問い合わせトップページ

  トップページクラブ紹介 >会長方針

会長方針
会長方針 | クラブ概況 | 役員・理事 | 組織図
RC2019〜2020年度
会長 伊藤正幸

 昭和、平成、令和と歴史をつなぎ、新しい御代へと60年の伝統を紡ぐ碧南ロータリークラブの2019-20年度第61代会長に選任され、身の引き締まる思いと共に責任の重さを痛感しております。浅学非才ですが全身全霊で努力する所存ですので、ロータリーの友愛の精神によりまして、理事、役員、会員諸兄の格別のご指導とご協力、ご高配を衷心よりお願い申し上げます。
 昨年度は鈴木健三会長、加藤良邦60周年実行委員長のもと60周年の記念式典が盛会裡に挙行され輝かしい成果をおさめられました。碧南ロータリークラブの過去60年の実績と功績は会員の誇りとするものであります。これもひとえに先輩諸兄のたゆまぬ努力のたまものと敬意を表し感謝申し上げます。私に課せられた任務は歴史と伝統を引き継いでいくことだと意を決しているところです。
 Mark Daniel Maloney RI会長は「ROTARY CONNECTS THE WORLD」「ロータリーは世界をつなぐ」を今年度のテーマとし、活動の指針となる以下の4項目を強調しました。
  ロータリーを成長させる。
  家族とロータリー活動が補完関係になる文化を創生する。
  リーダーシップ文化の意識を変化させる。
  国連との関係に焦点をおく。

 それをうけて伊藤靖佑ガバナーは、少子高齢社会、非連続的な技術進歩等大きな変化の時代におけるロータリー活動の持続可能性はその中にどれほどの知的多様性と革新的柔軟性を包摂できるかに依存しているとして地区活動方針を「グローバルに考え、地域社会とつながり、ロータリーを成長させよう」とされ5つの活動指針を示されます。
  ・クラブ戦略委員会で例会と奉仕の在り方を見直す
  ・会員増強と退会防止
  ・ポリオ撲滅への貢献
  ・ロータリー賞への貢献
  ・国際大会(ハワイ・ホノルル)への参加
これら行動指針の求めるところはロータリーの5つの中核的価値観をベースにさらに踏み込んだ知的多様性と革新的柔軟性を取り入れることによってロータリークラブを成長させるということと受け止めております。

 そこで碧南ロータリークラブの会長方針を以下にお示しをいたします。
  1.原点回帰
  2.戦略委員会の開催
  3.奉仕活動の充実・地区活動への協力
  4.会員増強
  5.ガバナー活動指針の実践

どうか会員の皆様には一年間よろしくお願いいたします。

 クラブ紹介 | 事業計画表会員一覧週報スケジュールリンク会員ページお問い合わせトップページ碧南ロータリークラブ